芝浦アイランド(しばうらアイランド、Shibaura Island)は、東京都港区芝浦4丁目にある再開
発地区の総称・愛称である。再開発地区は四方を運河に囲まれた島状の区域のほぼ全周に及び、複
数の事業者による高級大規模マンション(賃貸棟2棟、分譲棟2棟)や港区による公共施設などから
構成されている。

芝浦アイランド周辺マップ CLUB芝浦アイランド 港区立こども園・児童高齢者交流プラザ 芝浦アイランド歯科 BAGUS BAR ピーコック


概要
芝浦アイランドは東京湾岸の埋立地であり、元々は新三井製糖の工場や、都電の車両工場と操車
場、東京都下水道局ポンプ場や都営アパート、フジエクスプレスのバスの車庫などが立地してい
た。これを独立行政法人・都市再生機構(UR)、及び民間事業者8社(三井不動産、三菱商事、
オリックスリアルエステート、住友商事、新日鉄都市開発、伊藤忠都市開発、大和ハウス工業、
ケン・コーポレーション)が共同事業として再開発を行った。
「芝浦アイランド」と名付けられた再開発地区は4つの街区から構成され、超高層マンションが、
分譲・賃貸それぞれ2街区ずつ建設されている。地区は南北2ヶ所に分かれており、敷地面積約
4.5万平米の北地区にはA1、A2、A3の3街区があり、南地区は敷地面積約1.6万平米の単一街
区となっている。
北地区は都市再生機構(当時は都市基盤整備公団)が2001年(平成13年)に東京都から取得、
南地区は三井不動産をはじめとする民間事業者6社が新三井製糖から2002年(平成14年)に取
得した後に、両地区一体の再開発事業が開始された。完成した芝浦アイランドは、地区全体では
総戸数約4,000戸、人口約10,000人の街となっている。
エリア内には都下水道局ポンプ場と都営アパート、バス車庫が現在も残るほか、周辺には倉庫や
オフィスビルが多い。最寄り駅はJR田町駅。

各街区の詳細
街区は4区画に別れており、各街区ともタワーマンションを中心に構成されている。
また、島を一周する遊歩道が設けられている。

●A1街区・エアタワー
エアタワー
エアタワー・クラブハウス(エントランス棟)内1Fロビー
エアタワー・クラブハウス(手前:エントランス棟)とレジデンスタワー(奥)エアタワー
(Air Tower)は、地上48階建て、総戸数871戸の高級賃貸マンションであり、エントランス棟の
クラブハウスと住宅棟のエアタワーレジデンスおよび店舗棟のエアテラスの3棟構成になっている。

●A2街区・グローヴタワー
グローヴタワー(Grove Tower)は、地上49階建、総戸数833戸の分譲マンションである。
建築設計および施工は鹿島建設が行い、2007年(平成19年)3月に竣工した。

●A3街区・ブルームタワー
ブルームタワー(Bloom Tower)は、総戸数1,028戸の高級賃貸マンションである。設計・施工
は清水建設により行われ、2008年(平成20年)9月に竣工した。

●南地区・ケープタワー
ケープタワー(Cape Tower)は、地上48階建、総戸数1,095戸の分譲マンションである。
住戸の形式は44平米の1LDKから167平米の3LDKである。建築設計および施工は鹿島建設が行い、
2007年(平成19年)1月に竣工した。ケープタワーは超高層住居用の建築物としては日本で二番
目にトライスターフォルムを採用した。

周辺
遊歩道 - 島を一周している。
プラタナス公園 - 約2,500m²
高齢者施設(プラテシア、ブルームホームズ)
NAS CLUB芝浦アイランド
②クリニックモール
 芝浦アイランド内科クリニック
 芝浦こどもクリニック
 芝浦アイランド皮フ科
 ライム薬局
港区芝浦アイランド児童高齢者交流プラザ
芝浦アイランド歯科
BAGUS BAR
ピーコック
           *①~⑥は上記のマップに記載の番号

アクセス
JR東日本山手線・京浜東北線 田町駅 - 芝浦口(東口)より徒歩約10分から15分
(ケープタワー)。
ゆりかもめ 芝浦ふ頭駅 - 徒歩約10分。
都営地下鉄浅草線・三田線 三田駅 - 徒歩約15分から20分(ケープタワー)
観光汽船興業アーバンランチ(水上バス) 芝浦アイランドM.Iランチポート
首都高速道路1号線芝浦出入り口 海岸通り